§お客様の求めるものとは?
   ・「ハードウェア」「ソフトウェア」「ヒューマンウェア」さまざまな視点から議論しても、結果としてどの「ウェア」で
    も競合相手との間に圧倒的な違いを生み出すことは難しいという結論に達する・ ・ ・
   ・お客様が言葉にされないニーズを読み取る洞察力を・ ・ ・

§これからの工務店のありかた
   ・最終目標は生涯顧客をつくること「生涯顧客の創造」
     Repeat CustomerからEngaged Customer

§長期優良住宅との付き合い方
   ・やっと当たり前の時代が来たと胸を張って言えるように
    長期優良住宅の申請を出す出さないにかかわらず、品質は最低限長期優良住宅レベルの仕様で考える

§住まい造りの心得
 
  優先順位の確認

   *自分たち(自分)の言動と行動は、会社の哲学・理念に沿ったものであるかの確認
   *我々は自らを住宅産業とは位置付けません。我々はサービス産業であり、社会に対して新しい価値、
     ラグジュアリーなライフスタイルを提案するブランドである。
   *我々はホスピタリティー産業において、世界最高の評価を得るブランドを目指す。内部顧客としての社員
     とパートナー(業者)、外部顧客としてのお客様、双方の幸せを追求し実現するブランドとなる
   *ホスピタリティーの原点とは何か?
   *サービスの本質とは何か?
   *会社が社会に生み出すべき価値とは何か?
   *自分が果たすべき本当の役割とは何か?
   *顧客の予算度
    1.非常にハッピーで満足している場合、平均より23%も多く予算を使う
    1.普通にハッピーな場合、平均より7%多い
    1.満足・不満足どちらでもない場合、平均より1%以上少ない
    1.満足していない場合、平均の87%しか使わない
       はたしてそうだろうか?87%なりの120%があるはず、ここがビルダーの腕の見せどころではないか?

§業務のスピード化
   ・HASシステムや私どもHASを有効に利用されて、業務のスピード化簡潔化を図ることによって生まれる
    時間で、今までにないサービスの提案をされてください。

§自社の商品開発を
   ・ブランドづくりの第一歩はマーケットの絞り込み―絶対条件
     「ラグジュアリーなライフスタイルを満喫するステージ」・・・5%のカテゴリー
        *ブランドはカテゴリーがぼやけてくると輝きを失い始める・・・・・
                                 
この5%のためのHASです。

§安全・品質・工程・原価
   
・安全管理・・・現場で死傷者が出るようじゃ話になりません、家づくりのすべては、まず安全管理に目を
             向けて・ ・ ・
    ・品質管理・・・安全を考慮しながら、図面通りの仕上がりかの確認、およびさらなる品質の向上を目指し
             て・ ・ ・
    ・工程管理・・・工程がくずれると、その先のすべてが狂い出します。工程がずれたとわかった段階で早急
             に修正に取り掛かってください。また常に目を配らせてください。
    ・原価管理・・・ビジネスである以上利益を出す必要があります。いい加減な着工や未解決のまま工事を
             進めるととんでもない事になります。また、予期せぬ事態も起こることですから、なるべく
             ゆとりを持って早めの予算と支出の割り出しを行ってください。

§HAS取扱商品
   ・樹脂サッシ
   ・床下暖房
   ・制震ダンパー
   ・煉瓦
   ・浄気壁
   ・HASsystem
   ・建築業務代行

ご挨拶
事業内容
お問合わせ
リンク
アクセス
是非ご一読ください

copyright(c) 2009 Housing Architecture System

Top page