“絶対に失敗しない家造りの秘密”

第1回 「想っていた家と違う」

1.プラン計画において

完成していざお引越しの時、想っていた家と違うよと仰います。

では何が違うのでしょうか考えてみましょう。

@    外観がイメージ通りではない・・・・

A    間取りが悪くて使いにくい・・・・

B    部屋が狭い、暗い、押入れクローゼットに物が入らない整理出来ない・・・・

C    敷地と建物の関係がうまくいってない、玄関に入りづらい、車庫入れが難しい・・・・

D    内装の色がイメージと違う、クロス、塗りカベ、タイル等きりがありませんよね




夢や理想と大きく違っていてガッカリ、不満が不満をよび「もう家なんていらない、こんな事なら
新築、リフォームをするんじゃなかった」中には夫婦喧嘩、互いに責任のなすりつけあい。楽しい
生活、豊かな暮らしを夢見たのが台無しです。


原因はなんだとお考えでしょうか?

新築やリフォームの経験は皆様は始めてかもしれません。解らないのです。

結論から言いましょう。

プラン計画が失敗したのです。つまり家を建てるのではなく、住まう事が目的ですよね?

家を建てる事が目的になっていませんか?「どこで、だれと、どんな暮らし(幸せな家族)を望んで
いるのか、施工者側に伝わっていないのです。又理解していないのです。」そんな私達は素人です
。専門用語は知らないし、想いを理解させる事は大変難しい事です。

まったくその通りだと思います。問題は受手であるメーカー、工務店、ビルダーの責任なのです。

2.資金計画において

さあ引渡しです。業者から追加工事費、変更工事費、その他(申請料・登記料他)などの請求が
きました。皆様はどうされますか。
(お金、資金が不足しました。どうしましょう・ ・ ・)

 資金計画の失敗ですね!

原資(自己資金、借入資金、援助金)=総予算

総予算の組み立てを失敗すると住まい造りが失敗します。総予算以内で計画する事が重要です。

坪単価○○○円です。これが一番危険です。我どもは、新築、リフォームをご計画の方には
総予算の範囲で素晴らしい夢のある計画を提案いたします。

まず総予算を理解し、その予算の分配を致しましょう。

ここが住まい造りにおいての、明暗が別れるところです。

3.業者選択において

引越しをしたけれど未決、残工事がある、アフターをしてくれない、初めと終わりの対応が違う。
現場で施工をしてくれる職人さん、業者さんの態度が悪い
(挨拶もしてくれない、近隣の方々に
迷惑をかけた等
)これもきりがありませんよね。

おまけに、会社の経営が悪くて廃業、倒産、踏んだり蹴ったりです・ ・ ・

住宅における国の方針は200年住宅を考えております。環境や省エネ問題など、いままでは2426
年もてば家はいい。一生の間
3回家を建てないといい家は建たないと言われてきましたが、一生に
一回ですばらしい住まい造り家造りをする事が求められています。

そしてこれは不可能ではありません。

  結論「失敗しない住まい造り家造り」

  3つの大事な要素

@    プラン計画

A    資金計画

B    業者選択

住まいは家族の幸せのために、新しい家族の第1ページの始まりです。


2回 「失敗しない現場見学10の方法」

現場見学に参加される皆様、計画はないが家が欲しい、住宅を建てたい、色々な想いがあります。

見学に行かれる目的は「見たい・知りたい・聞きたい」でも恐い・ ・ ・でしょう?

主催する会社側と皆様との目的は違っています。ではどんな心得、気持ちで行ったら良いか。

@   目的が明確になっていない時はいかないことです(ただ暇だから、なんとなく、近くだから)

A   現場を見ることではなく会社を見てください。現場は会社の全てが解ります。

B   現場の工期を確認して下さい。適正な工期ではない場合管理体制に問題があります。また
(お客様と会社、業者)コミュニケーションが取れない、対応が遅い、非常に問題です。
一時が万事です。参考になりませんよ。

C   残工事、未決工事がある。外部廻りが完成していない会社は要注意(予算にはいって
なかったので・ ・ ・これが問題
)正しく資金計画がされてない場合が多くあります。

D   営業担当者の知識、経験を確認して下さい。担当者が住まい、家造りにどんな理念理想を
持っているか、
3分で話す事が出来るかどうか、その内容に共感出来るかです (担当者が
自己紹介するときがチャンスです
)

E   会社の社長(代表)の理念理想、人なりを3分で話す事ができるか、その内容に共感できるか
です。

F   営業担当は色々な仕掛けで、又お客様を見分けようとします。まずアンケート、時期、
土地、予算等皆様も営業担当者
(主催者)を見分けて下さい。自分に合わない会社、担当者
であれば帰りにその旨を、受付などにはっきり態度を示す事です。別に気まずいとは思わ
ない事です。

G   他社にて契約をして着工中の方はその旨を話す事です。その後現在不安な事や理解出来な
い事など相談して下さい。親切に答えてくれますよ。隠さない事が良いですね。

H   来場した目的を明確にしましょう。何を聞きたいか、見たいか、知りたいか、その目的を
話すと良いです。ただ来場したかったからでは互いにコミュニケーションが取れません。
何か一つでも知識のお土産を貰って帰りましょう。役に立つはずです。

I   来場される皆様も恐いでしょうが、実は営業担当者も恐いのです。だからこそ現場見学は
楽しみながら来場する事です。

参考として、外断熱工法、高年密、高断熱、省エネ、高耐久、バリアフリーこれら工法は一般
的工法で差別化にはなりません。無論、長期優良住宅も特別なことではありません。当たり前
のことなのです。

現場見学に来場される皆様は、外観や内装、設備、デザイン等最新の工法等を見に来場される。
確かに目的の一つではありますが、もう一つの目的は自分に合った会社
(担当者)理解をしてくれる
人がどこにいるか探しにいかれると思います。

一般的に営業マンが後日改めて家に来て説明をするということは、営業だけをされてしまい、
秘めた夢を受け取るよりも受注することが目的になりがちですので、是非良いパートナーを探して
下さい。

ではいい工務店の選び方は第3回へ

3回 「いい工務店の選び方」

失敗しない家造り3つのポイントの1つです。工務店を選び間違えると3代不幸になります。では
その選び方、経営内容はもちろんですが

@   会社(工務店)3人の社員に聞いて下さい「会社(工務店)あなたの経営理念は何ですか?」
と。そしてどう応えるか確認して下さい。応えることが出来れば素晴らしい教育、信念を
持って住まい家造りをされていると解釈出来ます。これは社長の家造りの考え方に表れま
す。

A   建築現場での確認、業者(職人)さんの仕事の態度「挨拶」が出来ない会社は近隣にも迷惑
をかけています。引越してから大変です。現場が全て!
会社(工務店)さんの答えがそこに
あります。
(建築現場でどこを、何を見るか?今後またご説明します)

B   提案力(プラン・資金計画)があるかどうか。
資金計画に合ったプラン提案がなされているか。初日のプラン提出がポイント、早くプラン
を提出して来るところは要注意してください。

なぜかと言いますと、お客様の一生ものの住まいは、簡単に提案できるものではないからです。

C   既存客(既に建てられ生活、暮らしをされている)OB客の会や組織が出来ているか?

あるならば、ご意見を聞かれ判断する事も大切です。(管理が充分に行われる)


4回 「いい営業マンの選び方

一流メーカーなど多くの営業マンが居ますが、オールマイティーな営業マンは居ません。

いい営業マンとの出合いこれが最も人生にとっても素晴らしい事だと思います。

「家族を幸せにしてくれる」人だからです。私たちは家をご計画されている皆様にとって一生に
一度の高額な売り物と考えてます。これに対応する営業マンは最も高い知識と教養経験を要求され
るべきですよね。しかし現実はどうでしょうか?

@   ダメ営業マン「はい、はい」と何でも受けてくれる営業マン→嫌われたくない為。

A   面談相談の時メモは駄目です。ノートファイルで筆談をし記録を残してくれる営業マン
これはいいですね。

B   資金計画が出来ない営業マンが多く居ます(借入計画や返済計画だけでは駄目)総予算
(諸費用・附帯工事、こだわり()、本体工事)全てです。これが曖昧だと失敗します。

C   どこで誰とどんな生活暮らしをしたいか?構想・要望・希望を正確にヒヤリング、動機や
こだわりに
(提案(優先順位等)力それを資金計画、総予算以内)計画出来プラン力のある
営業マン。

D   ユーザーを理解することに情熱をそそぎ努力する営業マン(相手を理解する)爽やかな、
礼儀正しい営業マン、これ間違いありません。


営業マンとの出合い・・これを楽しみながら展示場、現場見学会に参加すると知識が増しますよ。

5回 「いい家を建てるには・・・」

いい家を建てるのが目的ではありません。どんな豊かで幸せな家族生活ができると思いますか? 
私たちは住まい方であると考えます。

@   健康で快適に暮らせる・・・性能、工法によっても異なります。

A   安全で安心して暮らせる・・構造、施工、機能(セキュリティ)

B   環境や省エネで配慮して暮らせる・・・温熱環境、設備、リサイクル

いい家とは上記の@〜Bの全ての条件がクリアされているかどうかです。

これはプラン仕様で決まります。プランを作成する為には敷地の把握、予算組ですが、どんな
暮らしをご希望されているか、プランナーに理解させる事が重要です。

そして、受ける方(プランナー)の提案力でしょう。しかし建築を計画されるユーザーの表現が
出来ず、十分に伝える事は中々困難です。想いを伝える為に考えをまとめるシートがあります。
これを次回ご参考としてご提案します。構想をまとめプランを作成する設計士はプロです。
ご安心下さい。

6回 「家を建てて幸せになる人」

幸せにならない人→会社(工務店)が理解してくれなかった。

予算オーバー、施工管理が出来てない、プランが悪い、外観、間取り、内装仕様が違った等、
つまり資金計画、プラン計画、会社選択に失敗したということです。

自己資金が多い、土地が広いだけでは幸せになれません。

少ない予算、狭い土地でも限られた条件でも充分に家は計画が可能です。

夢のような感動する家に住むには、やはり会社の選択と人との出会いだと思います。

「人が家を造り、家が人を造る」でしょうか。

どこで誰とどんな暮らし、生活をしたいのかを明確にしてその夢の実現に向かって下さい。
私たちは住まいをつくり、「家族」の絆が幸せの近道だと確信します。



〈結論〉

資金計画・プラン計画・会社選択

が失敗しない「家」「住まい造り」なのです。

お問合わせ

ここでは、数あるお問い合わせや、今までのお客様の質問や、失敗談などを載せることで、これからの住まい造りにお役にたてればと思います。
*なお、お客様、工務店双方に問いかけたい事など載せてまいります。

ご挨拶

ユーザーからの質問BOX

Top page
事業内容
アクセス

copyright(c) 2009 Housing Architecture System

リンク